娘の成長を見るたびに思い出すこと。

メンズエステ宇都宮年頃の娘を見ているととても羨ましく思います。中学生の娘は最近までお洒落に全く興味を示さずにいました。それが突然、雑誌を買い常に鏡を見るようになりました。お風呂の時間も長く半身浴までしています。こんなにも変化するものかと驚きました。きっと好きな男の子ができたのです。毎日鼻歌を歌いながら楽しそうにしている姿をみていると微笑ましくなります。みんな平等に青春時代を過ごしてきました。私も例外なくありました。その当時、自分はいつまでも若くあり続けるんだと錯覚していました。娘を見ながら若き日の自分を思い出し懐かしく思います。今でも十分幸せですが若い頃は今とは違う幸せがあったなと思った今日この頃です。